日本モダンの家



美しい日本の雑貨




スクロール

 

石の照明に
ほっと心安らぐ空間。

石を切り出して、その中に火をともしたみたいな石灯籠は、ずっしりとした石の重厚感と、 ほのかで柔らかい火の光が対照的な、和の雰囲気にぴったりのオブジェといえます。玄関先に飾ったり、 トイレ、洗面などの足下にそっと添えるだけで落ち着いた空間を演出してくれます。石を荒々しく削りだしたタイプから、 モダンなものまで、さまざまなタイプがありますので、インテリアにあわせて選ぶ楽しみもあります。

歴史ある石灯籠を
住まいのアクセントに。

もともと日本には、石製の灯籠を社寺の献灯あるいは庭園の飾りとして用いる文化があります。 形状や種類は非常に多く、神社仏閣、個人の庭園まで幅広く利用されてきました。 仏教の渡来と共に朝鮮から入ったとする説がありますが、もともとは仏前に供える灯明の用具で、寺堂の前に一基建てたのが始まりだとも言われています。 現代の石灯籠は住まいのインテリアの一部として玄関先に、廊下の端に、お庭のアクセントとして、ほのかな光で住む人を優しく癒してくれます。



このページでご紹介させて頂いた石の灯籠、照明は下記のサイトで紹介されています。 詳しくはサイトをご覧下さい。

● 来待石を使った照明ライティング 陶夢さん
● プロ志向のガーデニング・エクステリア用品ガーデンアート増樹さん

和モダンの家 施工専門店 一覧