日本モダンの家



美しい日本の雑貨




スクロール

 

格子は、先人の知恵と
意匠性を兼ね備えています。

格子は、角材を周期的に並べた仕切りや戸のこと。窓先に取りつけたり、引き戸や扉に戸板のかわりにこれを用いた格子戸などがありますが、 もともとは大名屋敷や陣屋、城郭の窓を格子で覆って侵入を防ぐ為のものでした。和モダン建築のデザインを語る上で欠かせない格子ですが、 空間と空間を緩やかに区切り、採光と通風を確保するその意匠性や機能美は、まさに先人の暮らしの知恵と言えます。現代風に言えばパッシブな機能といえるでしょう。TDホームでは、格子をうまくつかった生活提案をさせて頂いております。


無くてもいい。でも、
あると「ちょっといい」。

現代建築ではラティスなど様々な名称や用途で、アクセントとして用いられていますが、 リビングなど家族が集う空間に使用することでプライベートスペースを確保しつつ、家族の気配を感じられる空間演出に一役かっています。 また、建物内部での採光と通風を確保しつつ外部からの視界を制限できる効果もあり、とてもエコな設備です。最近では、格子のある空間が若いご夫婦にも支持されていることが多く、アクセントとして取り入れられるケースが増えています。「 必ずなくてはならないもの」ではないかもしれませんが、京町家の凛とした印象がいっそう際立つ、和モダンスタイルにおける素敵な要素といえるかもしれません。



和モダンの家 施工専門店 一覧